かつて、吾妻ひでおは神だった

マイナー漫画の魅力にはまった筆者の30年来の思い出とともに。

[コバヤシマル,シミルボン]2017年4月15日
コミケは燃えているか

 いまや、コミケには50万人近い参加者が訪れる。その中心は10代から20代のアニメファン、マンガファンだ。そして、今から30年以上前、私が初めてコミケを訪れたときも、規模こそ小さかったが、その年齢層の若者が中心だった。

 当時、宇宙戦艦ヤマトの大ヒットにより、アニメファンという連中がいることは世の中に知られていた。しかし、それ以外で一般の人々が思い描くアニメは「ムーミン」、マンガは「少年ジャンプ」がせいぜいといった時代だ。

マイナー漫画との出会い

 コミック専門書店が近くにある者だけが、ジャンプやマガジンには決して載らない漫画家をそろえたマイナーな漫画雑誌の存在を知っていた。東京三世社の「少年少女SFマンガ競作大全集」、奇想天外社の「マンガ奇想天外」、朝日ソノラマ社の「月刊マンガ少年」はそのトップ3だ。大友克洋、板橋しゅうほう、さべあのま、高橋文子、高橋葉介、見知らぬ作家たちに混じり、手塚治虫や藤子不二雄も寄稿していたが、少年漫画で知る彼らとは異なる作風の漫画ばかりだった。

 マイナー漫画の魅力にはまった私は、ある日、コミック専門書店でいつもとは異なる風情の雑誌に出くわす。漫画評論誌だ。なかでも「ふゅーじょんぷろだくと」は新宿三丁目のビルに同人誌専門の小さな本屋を営んでいた。今では同人誌の委託販売は、いくらでも見かけるが、そのハシリである。よりマイナーで刺激的なマンガを求めていた中学生の私は、その店の常連となり、同じくそこに通っていた年上の友人を次々と作っていく。もちろん、一人残らずオタクだ。

美少女マンガの出現

 彼らの中で話題に上る同人誌があった。コミケで売られるたびに、すさまじい行列ができ、必ず完売する。バックナンバーはマンガ専門古書店で数万円で取引されている。その真っ黒な表紙の本には、かわいらしいタッチで描かれた美少女のあられもない姿のマンガばかりが載っている――などなど。「シベール」という書名と共に、その話は深く脳裏に刻み込まれた。結局、今に至るまで「シベール」そのものは手に入れていないが、やがて、後に続けとばかり、現在に続くかわいいキャラクターのエロ同人誌が一気に増えていった。

 いつの時代も男子中学生の脳内はエロまみれだ。考えることの9割はエロ妄想、残り1割にその他の全てが詰まっている。ネットのない時代、紙媒体以外でエロは入手できない。だが、そのころのエロ漫画といえば、劇画調の汚い線とデッサンの狂ったキャラクターがぐちょぐちょぐちょと描かれた雑誌のみ。それらは本屋の奥の薄暗いスペースに置いてあり、中学生にはなかなか触れることができない。まず、年齢制限の壁はとてつもなく高かった。そして、手に入れても絵柄のせいであまりグッとこなかった。かといって、写真系のエロ本はセーラー服を着たおばちゃんばかりで、さらに厳しかった(実用的に)。

 そこに降臨したのが同人誌即売会に出現したロリコン美少女マンガだ。そりゃ、小遣い貯めてコミケに行きますよ。

 やがて、商業誌が目をつけて、同人誌の売れっ子作家を集めた雑誌「レモンピープル」が創刊される。しばらくして、大手出版社も彼らに食指を伸ばし始める。内山亜紀、みやすのんき、千之ナイフなどがメジャーに進出していった。

レモンピープル

 当時、そのロリコン美少女マンガの頂点に君臨していたのが吾妻ひでおだった。普通のマンガ好きには、少年チャンピオンでギャグマンガを連載する中堅マンガ家だったろう。だが、ロリコンマンガ業界では神のごとき威光を放つ存在だった。「シベール」の中心作家であり、キュートでエロいキャラクターが活躍する不条理ギャグに多くのエロガキが脳と股間をグチュグチュにされていた。

 サイン会を開けば、暗そうな男どもばかりが長蛇の列をなした。同人誌即売会に参加すれば、汗だくの男どもばかりが1000円札を握りしめて殺到した。

 また、吾妻ひでおは無類のSF読みであり、卓抜したSFセンスを備えていた。名作「不条理日記」は全国のSFファンにショックを与え、SF大会の企画イベントには、やはり男どもばかり我先にはせ参じた。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1704/15/news038.html

コメント一覧
この時期にロリコンをカミングアウトする勇気
浮浪者になったりアル中になったり波乱万丈のあじま先生かw
あじましでお
コロコロポロン
ななこSOS
そんなとこかな


印度人だ!印度人だ!印度人だ!
まあこの世代の漫画家で後世に与えた影響の大きさでは高橋留美子とツートップだよ
当時、あじま先生に非礼があるとトイレでアンケラソ(?)に襲われる
とまんが家たちに恐れられていた
途中で連載がなぜか止まるんだよな。
んで、いつ秋田書店の非道編集の話になるんだ?
ポロンのアフロディーテが好きでした